アルバイト

アルバイトの探し方ポイント

ジョブセンス

バイトルドットコム

マイナビバイト

教科書販売のアルバイト

高校を卒業してすぐの時と、大学入学後に何回か、学校構内で次の学期用の教科書を販売するアルバイトをしました。

当時は授業が忙しく、家の手伝いや趣味の活動なども入れるとなかなか定期的にアルバイトにまわせる時間がなかったので、こういった期間限定のアルバイトに採用されると嬉しかったのを覚えています。

行きつけの書店や大学生協内の書店に、そういった時期が近づくと貼り紙が出されるので、見逃さないようにしていました。

作業内容としては、販売場所の設置(いつもより教科書だけを求めて来るお客さんが多いので、教科書販売用に特別に場所を設けている学校が多いと思います)、学部を意識した教科書の配置、釣り銭確認をした後に開場して販売開始、レジ対応と教科書補充をしながら閉場まで過ごして残数確認と販売場所撤収でした。

売上確認は店員さんに任せていたと思います。

だいたい学部や学科ごとに必要な教科書の組み合わせは決まっていますし、事前に学校から教科書とその値段一覧も配布されているので、お釣りの計算が大変といったことはなかったように思います。

(もちろん、先輩や古本屋、図書館を利用してできるだけ夏休み アルバイト イベントスタッフ出費を抑える人もいましたが)結構流れ作業のような感じで時間が過ぎていきますし、過剰なサービスを求められることもないので良かったです。

辛いことをあげるとするならば、教科書が束になると重い事ぐらいでしょうか。

あまり稼げるアルバイトではありませんが、臨時収入としては嬉しいものでした。

インターネットカフェでのアルバイト経験

私は学生時代に何種類かのアルバイトを経験しましたが、インターネットカフェのアルバイトというのも経験した事があります。

「ネットカフェのアルバイトは楽」という噂をネット上や友人からの口コミでよく耳にしていたので、近所のネットカフェの募集を見つけてすぐに応募しました。

結果から言うと、噂は単なる噂でしか無かったです。というより、他に経験してきたアルバイトよりも大変だったかもしれません。

もちろん経営する会社や店舗にもよるとは思うのですが、少なからず私が働いたお店は服装や挨拶には徹底的に厳しく、言葉遣いひとつ取ってもきっちりマニュアル化されていました。

仕事内容も、清掃、調理、カウンター業務、返却、発注などなど細かくあげていけばキリが無いほど1人に任される内容が膨大です。

それを常時1〜2人のスタッフで回して行くので仕事が楽だなんて思ったことは一度もありませんでした。

そして一番厄介だったのが、ネットカフェという場所柄、客層が特殊でいろいろと難しいお客様が多かったことです。

本当に手に負えないお客様は店長が対応にあたってくれたのですが、それでもやはり私が対応をする時もあり、それはそれは大変な思いをしました。

しかし逆に言えば、ここで働いたおかげで他のお店で働いても、どんなお客様の対応も自信を持ってできるようになったのは良かったです(笑)

今でもネット上では「楽なアルバイト」と言うとネットカフェの名が挙がっているのを見かけますが、その理由だけで応募しようと思っている人には、「お金を貰って仕事をしているのだから本当に楽な仕事など無い」というのを一度よく考えてから応募して欲しいなと思います。